小児科全般とは

小児科全般

当診療科では、生まれて間もない新生児~思春期の小児にみられる異常や病気について、年齢や成長段階も考慮しつつ、診察、検査、治療を行います。
小児の内科全般を診療のほか、乳幼児健診や予防接種、栄養相談にも対応するなど、お子様の日々の健やかな成長も支援します。

小児科全般では、感冒でよくみられる症状(発熱、咳、鼻水・鼻づまり、喉の痛み 等)にはじまり、 けいれん、湿疹や蕁麻疹など、はっきりわかる急性症状を訴えて来院されるケースが多いです。
ただ上記以外にもアレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、食物アレルギー 等)、小児に起きやすい感染症(インフルエンザ、手足口病、水ぼうそう、おたふくかぜ 等)などにも対応します。

ただし、感染力の強い病気(麻疹、風疹、水ぼうそう、おたふくかぜ等)に罹患していることが判明している場合は、来院される前に一度ご連絡ください。
受付スタッフから受診方法についてご説明いたします。
他の患者様やスタッフ等への院内感染をできるだけ予防するための対策ですので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。

なお診察の結果、さらなる精密検査、点滴や入院加療が必要と医師が判断した場合は、当院の提携先でもある総合病院や専門医療機関を紹介します。

保護者の方への
お願い

特に小さなお子様を診察する際ですが、どのような症状があるかをお子様自身の言葉で表現するのはとても困難です。
注意深く観察するだけでは知り得ない情報もありますので、同伴されている保護者の方へ、いつから症状が出現しているか、症状が出る前の様子、薬のアレルギーの有無、現状みられている症状の原因として思い当たる節があるか、などご質問させていただくことがあります。
わかる範囲でかまいませんが、気になること、聞きたいことがあれば、あらかじめメモ書きにしていただくと診察がスムーズになります。

子どもによくみられる症状(例)

  • 発熱
  • 鼻水・鼻づまり
  • 喉の痛み
  • ゼーゼーする
  • ひきつけ(けいれん)
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • 湿疹(ブツブツ)
  • 蕁麻疹
  • 肌のカサつき
  • 機嫌が悪い
  • 泣き方がいつもと違う
  • 何となく元気が無い
  • 顔色が悪い
  • 食欲が無い
  • おねしょ(夜尿症)

など

小児科で取り扱う主な疾患

  • 風邪症候群
  • 突発性発疹
  • インフルエンザ
  • コロナウイルス感染症
  • 急性中耳炎
  • ヘルパンギーナ
  • 咽頭結膜熱(プール熱)
  • おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
  • 扁桃炎
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 麻疹(はしか)
  • 風疹
  • 手足口病
  • 溶連菌感染症
  • りんご病(伝染性紅斑)
  • 水いぼ(伝染性軟属腫)
  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • ウイルス性胃腸炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支ぜんそく
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • おむつかぶれ
  • あせも
  • 細気管支炎
  • 肺炎

など